2014年05月15日

余裕資金はないけれど、お金に働いてほしい時。

お金を増やす方法として「お金に働いてもらう」という言葉があります。

これは、「投資」に該当しますね。

しかし、基本的には投資は「余裕資金」で行なえ。と言われています。

「なくなっても困らないお金」ですね。

余裕資金とはどのように計算するのだろうか・・・

よく、月収の6ヵ月分、もしくは6ヵ月分の生活費を除いたお金と言いますが、
月収25万円の人は約150万円を確保・・・ってことですよね。

とはいえ、貯金150万円って、
庶民にとってはそれなりに大きな金額ですし、
それを確保するのも大変って方もいるかもしれません。

とはいえ、150万円あれば安心かというと、
正直、かなり心もとないと思います。

余裕資金でなければ投資できないのか?
この程度ではお金に働いてもらうことはできないのか?

まず言えることは、ハイリスクのものは危険です。
大きく増える可能性もありますが、大きく減る可能性もあるからです。

投資をするならばリターンが大きくほしいところですが、
まずは「ノーリスクローリターン」でいくのが確実かと思います。

まぁ「ノーリスク」というのは、
「投資」というよりは、
「資産運用」といいますか、言ってしまえば「定期預金」になりますね。

そんなのもうやってるよ。という方も多いかと思いますが、
この定期預金も、組み方次第では少しお得に利息をGETすることが出来るのです。

まず、1番オススメなのが、
東京スター銀行のスターワン1週間円預金。

年率0.3%1週間定期です。(2014年5月時点)

こちらは1週間で満期が来るので、
正直、余裕資金じゃないお金を突っ込んでも問題なし!

その上、1週間ごとに利息が入るので、
なんだか得した気分になれるという嬉しい定期預金だったりします。

先日書いた、定期預金の利息に税金がかからないギリギリのライン。の記事

利息に税金がかからないラインは6円
こちらの定期預金は1口10万円以上からとなるので、
1口:104286円で組むと、利息が6円となります。

たとえば手元に50万円くらい、今すぐは使わないけど、
いざという時のためにすぐ引き出せるようにしておきたいな〜なんてお金があった場合。

ではその50万円程のお金、1週間定期に預けてみましょう!

1番の節税を考慮した預入金額は1口:104286円です。

もし・・・
「21430円」多く用意できるのであれば、
104286円×5口で定期預金を組みましょう。

利息6円×5口=利息30円 となります。

何にも考えず、50万円1口で組んだ場合、
利息は28円となり、税金は5円引かれ、
実際に受け取る利息は23円となります。

1週間で7円の差・・・。

小さいようで、ちりも積もれば山となるのです。

1年間が約52週間とすると、
30円×52週間=1560円
23円×52週間=1196円

その差364円

スタバでコーヒー1杯飲めちゃうくらいですが、
その1杯があるのとないのとじゃ、
気分が違いますよね♪

また、「余裕資金ではないけど、すぐに使うお金ではない」場合、
小分けにしておくことで、
急に必要になった場合、解約するのが一部でOKとなる場合が多いので便利です。

月〜金曜日に5口分散させれば、
さて、この1週間定期ですが、
土日祝日は満期日となりません。

なので、7日間のつもりでも、
祝日がある場合は、8日間や9日間となってしまうこともあります。

なので、私は極力祝日がない曜日が満期になるように設定しています。

2014年の5月15日以降に限っていえば、
祝日は月曜と火曜に固まっているので、
「水曜、木曜、金曜」に満期になるように、
分散して預けることがオススメです♪

定期預金の利息の計算式・利息から求める預け入れ金額
定期預金お得な利息金額早見表(節税)を参考に、
余裕資金はないけれども、手元にあるしばらく使わなそうなお金で、
少しだけでもお金に働いてもらいましょう💋

<PR>
posted by 嫁子 at 20:58| 貯金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする