2017年01月23日

iPhone6が充電中に電池が切れて電源が入らなくなった時の対処法。

私はauのiPhone6を使っています。

情報収集に不可欠なスマホ。

最近、
・充電の減りが早い。
・まだ電池が30%〜70%残っているのに突然電源が落ち、充電器につなぐと30%〜70%に戻る。
・寝ている時に充電していて、朝起きたら電源が落ちている(空の電池マークが出ている)⇒アラームが鳴らず大惨事。

という、iPhone6の充電・電池・バッテリーにかなり悩まされていました。

購入してから1年8か月なので、そろそろ買い替えなければならないのかな・・・
と思っておりますが、痛い出費なわけで。

1番ひどいのが夜寝ている時に充電していて、朝起きたら電源が落ちているヤツ。
かなりパニックになりましたが、職場で充電器に繋いで、しばらくしたら電源が付きました。

で、今日の朝も同じ事になっていたのですが、
今回は充電器に繋いでも全然電源が付かないのです。

家の中の色々なコンセントに繋いでしばらく放置していても、
ずっと空の電池マークが表示されていて・・・。

再起動しようにも全く動かず。

もうだめなのか?と思い、
最後にSIMカードを1度抜いて差し直した所、
充電が付きました!!!電池100%だったし。

(iPhoneを購入した時に付属されているSIM取り出しツールか、
ペーパークリップなどをトレイの横の穴に差し込んで、トレイを開いてくださいね。)

これで一安心・・・
とは思いつつも、その後も結構な勢いで電池は減り続けるという。

とりあえずの応急処置ですが、
やはり寒いと電池の減りが早くなるという声が多いですね。

携帯用のバッテリーを常に持ち歩いておくという事以外、
現時点で対処は出来ておりません。

バッテリーも結構当たり外れがあって、
今は残量が表示されるコレを愛用しています。


ケーブルはコレ。
アップデートされても使えるヤツです。


持ち歩き用のバッテリーにお悩みの方にオススメです。

解決したわけではないけど、電源が付かなくなった時の対処法は今日1つ学べたのでよかったかな。

同じ症状の方、よかったら参考にしてください。

<PR>
posted by 嫁子 at 00:04| スマホ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする